電話占い[深愛]ホーム -霊能者が語る恋愛秘訣 -片思いの彼について(加護里美さん・介護士・29歳・京都府京都市)
    特集記事紹介
    特集記事紹介
    特集記事紹介
    有名雑誌紹介情報

当たる霊能者口コミコーナー

未来占いの口コミ

地域別 鑑定体験談

電話占い深愛が的中させた世界の運命

願いを叶える波動修正

霊能者が語る恋愛秘訣

愛し愛されるための電話占い実例

電話占い深愛の霊能力Q&A


霊能者が語る恋愛秘訣

片思いの彼について(加護里美さん・介護士・29歳・京都府京都市)

電話占い深愛は、的中率の高さが話題を呼んでいます。「よく当たる!」「驚くほど的中した!」との声が高く、連日多くの人が相談に訪れています。恋愛に関する相談の中で「片思い」に関する相談も多く見られます。ここでは片思いの彼を振り向かせた加護さんについて紹介していきたいと思います。
加護さんはもともと短大卒業後、会社員として従事していたのですが、ボランティアに参加したことにより、福祉の仕事に従事したいと考え、福祉の専門学校へ進んだ後、総合病院で介護士として活躍しています。加護さんは会社員時代彼氏がいたものの、勉強へ専念するため彼氏と別れたのでした。彼氏と別れてから恋愛はすっかりご無沙汰でしたが、病院で勤務しはじめたある日、加護さんは職場の男性が気になりはじめていました。加護さんが気になっていた男性は、違うフロアーで勤務していたことから、すれ違って挨拶をしたことがあったものの、接触する機会はほぼ皆無の状況でした。加護さんはしばらく恋愛から遠ざかっていた影響もあり、どう接していいかわからなく、ただ彼を目で追う日々が続きました。加護さんは恋愛の本を購読してみたものの、同じ職場ということもあり、かなり慎重にしなければ・・と躊躇していました。
そんな加護さんは以前から興味があった霊感占いで、今後を占ってもらいたいと考えていました。霊感占いは一体どこで鑑定してもらえるんだろう?と考えていたある日、加護さんの友人が電話占い深愛を利用して、「驚くほどよく当たった!」という話を耳にしました。加護さんは友人から電話番号を教えてもらい、電話占いをすることにしました。
加護さんから電話をいただいた霊能者は、霊視に入りました。霊視では彼女の部屋の様子、カーテンの色、彼女の姿がまざまざと見えました。忙しいなので止むを得ないかもしれませんが、彼女の部屋はかなり散らかっている状況でした。またカーテンは地味なグレーを使用していました。霊能者は透視を行い、彼女が今片思いをしていることも把握し、次のように告げました。
「まず部屋を大掃除してください。部屋が汚いと運気が乱れてしまいます。そして掃除後は、いつも清潔に保つことを心がけてください。またカーテンの色を変えてください。恋愛運をアップするピンク色に変えることにより、あなたの状況は変わってきます。服も黒などを着る機会が多いようですが、ピンクや花柄など明るい色を見につけるよう心がけてください。」
なぜこのように告げたかというと、彼女は恋愛をひきつける下準備がまるでできていない状況だったためです。恋愛をひきつける下準備とはまず「部屋を綺麗に保つこと」です。私たちにとって「運」との兼ね合いはとても大事なことです。「運」は努力した人にしか与えられません。たとえば部屋に関しては、部屋が散らかっているとよい運気が遠ざかってしまい、悪い運気が入りやすい状況となってしまいます。最近部屋を綺麗にすることで、運気をあげるといった書籍が多く見られるようになりましたが、まさにそのとおりで、運気は自分である程度努力しなければ整備されず、よき運がまわってこないのです。
その後加護さんは部屋を大掃除しました。掃除に伴い古い服や荷物を処分し、新しいものへ買い換えたりするなど、身の回りにも注意が及んだといいます。靴や服装にも注意が行くようになり、以前と違っておしゃれにも気を使うようになりました。部屋を綺麗にしてから、心がすっきり洗われた気分になったという加護さん。魅力的になった彼女は、自信を持つことができ、彼へ話かけることができたそうです。
電話占い深愛では恋愛の相談はもちろん、恋愛上手の秘訣についても霊視鑑定しています。恋愛上手の秘訣は、身のまわりのちょっとしたこと注意するだけで、別段難しいことはありません。

↑ 上に戻る